Wednesday, October 17, 2012

自分の国は血を流しても守るべき

「自分の国は血を流しても守るべき。
通常兵器の戦争なら日本が勝つ。
これを知らないからびくびくしている」

石原慎太郎  http://bit.ly/Tl5BKX




ーーーーーーーー

「敵を知らない。客観性がない。精神論で片付ける。
こうしたメディアの報道姿勢は、大本営発表に根ざした戦時中の報道と、
じつはまったく同じです。

こんなふうに自分たちに都合のよい情報ばかり流していたために、
五十数年前の日本国民は、敵の底力を知らず、己の非力も知らず、
負けが決まった無謀な戦争に「待った」をかけることが出来ませんでした。

その体質は今でも同じ。
ノルディック複合でメダルを逃した荻原兄弟の事は隅々まで知っていても、
優勝したノルウェーチームがどんな訓練をしてきたかは何も知らない。
銅メダルを取った岡崎朋美選手の太もものサイズは知っていても、
一位、二位になったカナダの選手の勝因は全然知らない。
それが、私たちの国の現実です。」

斉藤美奈子『あほらし屋の鐘が鳴る』

Monday, October 1, 2012